水は健康のためにしっかり選ぼう

沢 食と健康
スポンサーリンク

水と人間

水は人間の体重の約6割を占めます。
子供であれば体の7割が水です。

えー!僕のほとんどは水でできてたのかー!!

これだけを考えても水の重要性は明らかです。
良い水に変えるだけで体の6~7割が入れ替わるのですから健康に大きく貢献することは想像できると思います。

一言で水といっても、ミネラルウォーター、硬水や軟水、水素水、海洋深層水、アルカリイオン水、などなど様々です。
人間にとって空気の次に重要な水について詳しく知りましょう。

水の種類

硬水と軟水

天然の水にはカルシウムイオンとマグネシウムイオンのようなミネラルが含まれていて、その含有量によって水の「硬度」という値が決まります。
ミネラルが多いと硬度が高く「硬水」と呼ばれ、ミネラルが少ないと硬度が低く「軟水」と呼ばれます。

WHOの基準では硬度が120[mg/l]以下を軟水、120[mg/l]以上を硬水といいます。

地質の違いによって日本の水の多くは軟水で、欧米では硬水が多く湧き出します。
水でミネラルを補給しようと思えば硬水の方が良いのですが、日本では昔から食べ物からミネラルを補給できましたし、島国で海に囲まれている日本には質の良い天然塩もありましたので、軟水でもミネラル不足にはなりませんでした。
しかし現代の日本では食事が欧米化し、肉食中心で塩も天然塩が少なくなりミネラル不足に陥っていることを考えれば、日本の天然水でミネラルを摂取しにくいということは意識しなければならないと思います。

水素水

活性酸素を除去してくれる抗酸化食は数あれど、活性水素を含む水素水以上に悪玉活性酸素を選択的に除去してくれる良いものは見つかりません。
天然の水素水を毎日飲むことは、活性酸素による酸化を防ぐという意味でとても効果的です。

活性酸素は諸悪の根源なのか?
全ての病気の原因は活性酸素と言えるのでしょうか?実は活性酸素だけが病気の原因ではないのです。活性酸素除去に効果的な水素水についても紹介します。

アルカリイオン水

水素水を電気分解などで作ったものをアルカリイオン水と呼ぶことがあります。
最近ではアルカリイオン水とは言わず、電解水素水とか還元水素水など「水素水」と呼ばれる事が多くなっています。

海洋深層水

水深200mよりも深いところの海水を「海洋深層水」といいます。
この深さでは太陽の光がほとんど届かず、海水を汚染しているバクテリアや化学物質が混じる事もなく、きれいな水です。
近年問題になっているマイクロプラスチックもほとんど含まないのでしょう。
海洋深層水は長い年月をかけて地球を循環しており、数千年前の水です。
その時代は、化学物質文明がなく、海が美しかったころのミネラル豊富な水です。

水道水

日本では明治の後半から各家庭に水道が引かれるようになりました。
日本は戦後、GHQの指導で水道水に塩素を入れることを法律で義務付けました。

表向きは殺菌のためとされていますが、GHQの狙いは塩素によって日本人を弱らせようとしたと・・・。
真偽はわかりませんが、体に悪いことは確かです。

水道水が塩素消毒されるとトリハロメタンという化学物質が生成されてしまいます。
トリハロメタンは水道水が塩素消毒されるときに水の中の有機物と塩素が反応して生成されます。
トリハロメタンのほとんどはクロロホルムという化学物質で発ガン性があります。

クロロホルムって暴漢が人を襲うときに、嗅がせて気を失わせるやつですよね。

その他、古い水道管から鉛などの有害金属が溶け出したりしますので、水道水は避けた方がよさそうです。

さらに、水道水にフッ素を添加しようという議論がときどきあります。
水道水フロリデーション(フッ素化)と呼ばれています。
フッ素は虫歯予防のために歯磨き粉に入っていますが、フッ素は体に悪いことが分かってきました。そんなものが水道水中に含まれてしまえば、国民全員が健康被害を受けてしまします。

ミネラルウォーター

今ではペットボトル入りのミネラルウォーターが市販されているのは珍しくありませんが、私の子どもの頃はわざわざ水をお金を出して買うことに抵抗がありました。

公園や駅のトイレにいって水道をひねれば無料で水が手に入るのに。

今では水を買うことは当たり前になってきていて、水道水に抵抗のある人が増え、家庭では浄水器を設置したりミネラルウォーターを買ったりする人は増えました。
しかし、水道水と比べてミネラルウォーターは本当に安全なのでしょうか。
実は、ミネラルウォーターは食品衛生法で規制されている有害物質の含有量について水道水よりも基準が甘いのです。
例えば、鉛やヒ素に関しては水道水よりも10倍も甘い基準になっています。
ミネラルウォーターは水道水より安全というイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。様々なメーカーから売り出されていますので調べてみないと実際のところはわかりません。

井戸水、湧き水

私の自宅には井戸があって、昔は井戸水で生活していました。
しかし今では井戸水の水質が悪化し、高濃度の有機物が含まれていて硫黄のような臭いがするようになりました。とても飲めませんので使えなくなり、20kmほど離れたところにある湧き水が出ている場所まで生活用水を汲みに行っています。
天然水の入手場所は全国各地にありますが、上流部に汚染源(民家、ゴルフ場、田畑、施設など)がないことを確認しかければなりません。人が立ち入れる場所は農薬や除草剤、生活排水などの化学薬品で地下水が汚染されます。中国では地下水汚染が深刻だと聞きます。もはや中国の全人民の飲み水は自国で賄えず、輸入に頼っているとか。深刻ですね。

まとめ

安全な水を入手することは健康のカナメですが、どのように入手するかは悩ましいところです。市販の水は実際に採水地に行って現地を見てみないと本当に安全かどうかはわかりません。私は近所の湧き水を利用していますが、上流に汚染源がないことをしっかり確認してやっと安心して飲めるようになりました。現代では地下水の汚染源はいくらでもあります。本当の意味での安心な水を入手することがなかなか難しい世の中になってしまいました。

水は9大栄養素の8番目の栄養素です。水は意識されませんがしっかり摂るべき栄養素として認められているのです。

9大栄養素と日本人に不足しがちな栄養
3大栄養素から5大栄養素、そして今や9大栄養素となっています。 最初からある栄養素よりも最近追加された栄養素の方が重要だったりします。 そしてまだ9番目にも入っていない10番目の栄養素も。
食と健康
スポンサーリンク
gatekeeperをフォローする
スポンサーリンク
NEWGATE

コメント

タイトルとURLをコピーしました