虫歯は自然治癒する

スイーツ断食体験記
スポンサーリンク

はじめに

虫歯はとても辛いものです。

虫歯1本あるだけで毎日が憂鬱になります。

冷え取りや断食に取り組んでいる多くの方は、「症状は毒出し」と認識しつつも、虫歯だけは例外と考えがちです。

しかし、私の経験から、やはり虫歯も毒出しと結論付けられるような経験をしましたので紹介します。

そして、虫歯は適切に放置することで自然治癒することも経験できました。

えっ!

虫歯になっても歯医者さんに行かなくていいの!?

私は昔、よく歯医者に通っていましたが、そのために歯に詰められたアマルガムで苦しんだ経験も紹介しています。私は歯医者に行ったことで後悔しかありませんのでオススメしません。オススメするとすれば、過去に詰められたアマルガムを除去してくれるための歯科通院です。

アマルガム除去体験談、歯の詰め物を一掃した話
昔は歯医者に行くと詰め物をされましたね。 中には水銀の合金であるアマルガムという非常にコワイ材料が使用されている事も。 アマルガムの場合は除去してもらったほうが賢明です。


虫歯自然治癒体験談

2017年末から始めた少食(断糖)+冷え取りで、当初は一日中鼻水が出続ける等の大きな瞑眩がありました。

その後、以下に書くように虫歯ができて、毒出しが進んでいきます。

知覚過敏モード開始

2018年3月~(おそらく)春を迎えて毒出しが進んだこともあって左奥親知らずが初期虫歯に。
知覚過敏で冷たい水が凍みるようになる。
※2017年10月30日以降、砂糖は完全に断っていたが、砂糖不使用のケーキ(砂糖以外の甘味)を食べており、虫歯をキッカケに3月末でケーキも完全に断つ。

2018年4月11日~少しずつ虫歯が進行し、7日間の味噌汁断食に入る。この時すでに虫歯は神経に達し、かなり痛い。

2018年4月末 食べたものによって痛みが出るようになる(玄米、くるみ、カシューナッツ)。生まれて初めて腰痛にもなる。

2018年5月9日 左上親知らずも痛み出す。左上→左下へと痛みが移動することが続く。

2018年5月末 痛みが強く、七転八倒レベル。痛みがない時間をとても幸せに感じる程。

毒出しモードへ移行

2018年6月初 ズキズキした痛みがあり、痛み方が変化している。0.2℃程度体温上昇。

2018年6月中旬 知覚過敏がなくなり食後に痛むことが続く。

2018年6月20~25日 舌の真ん中が黒い(何の毒だし?)。

2018年6月26日 歯痛がなくなり体温下がる。

2018年7月5日 再び歯が痛み出す。舌の真ん中が黒い。

2018年7月8日 七転八倒の痛み。

2018年7月13日~ 3日間の水断食(水と梅湯のみ)。回復食直後に耐えられない痛みがある。

2018年7月22日 歯痛で気を失って寝る。

治療モードへ移行

2018年7月末 七転八倒するがすぐに治まる、このころから痛みからの回復が早くなる。

2018年8月7日~5日間断食、宿便出る、水分を欲しいと思わなくなる。

2018年8月19日 体重が過去最低(55kg)、グラフ参照。

2018年8月末 七転八倒が続く、腰痛も出る、声が枯れている。

2018年8月30日 夜間発熱(38℃以上)、化膿した歯茎から頬と首にかけて腫れを感じる。
これまでのように食後に痛むのではなく夜中ずっと痛く、水を含んでいないと寝られない。

2018年8月31日 起床時37.1℃まで下がり、右鼻水の塊に血が少し混じっている。
あれほど痛かった虫歯の痛みが治まっている。

体重の変化

2018年9月1日 熱や歯痛は治まるが左頬が腫れている。体温は数日後には元に戻る。体重は最低55kgから持ち直している。

2018年9月8日 頬の腫れはほぼ収まり虫歯としての痛みもほぼない。体温は36.2℃まで下がる。

体重は、8月末に発熱して虫歯が自然治癒するまでどんどん減り続け(もともと65kgあった体重が55kgまで減りました)、治癒した8月31日をボトムとして体重が回復してきています。

身長180cmの私が55kgまで体重が減少(BMI=18未満)したのは虫歯からのデトックスが究極まで進んだためと思われます。

改めて振り返ってみて、冷え取りや断食中になった虫歯か不摂生中になった虫歯かという点が重要であると感じます。

前者の場合は血液が浄化される過程でなので、化膿した虫歯による発熱にも耐えられます。

後者の場合は化膿してくると細菌感染により危険なので抗生物質による治療もやむなしです。

最も注意すべきは発熱時に解熱剤を服用しない事。

免疫力が低下して細菌感染に勝てないので注意が必要です。

歯痛の軽減方法

虫歯の自然治癒への工程では必ず痛みに耐えなければなりません。

毒の溜まる生き方をしてきたのですから仕方ありません。

しかし、いくぶん軽減する方法はあります。

私の経験からですが、

食べる量を減らす

私の場合は、たくさん食べてしまった時などは直後に虫歯が痛み出しました。
おそらく体がデトックスモードになっていて、すぐに排毒しようとするのでしょう。
ですので究極的には断食をすれば痛みがでることはありません。

運動(走る、腕立て伏せ等)で体温を上げ鼻水を出す

虫歯以外の箇所からも排毒するよう促せば、虫歯の痛みは軽減されます。
運動や入浴などの温活が効果的かと思われます。

こめかみ周辺を揉む

頭に溜まった毒素を揉むことでスムーズに流すことになったと思われます。

水を口に含む

実際痛みは軽減しますが、寝る時も水を口に含んでいる事は難しいので限界があります。
しかし効果は高いです。

頭を冷やす

歯が痛い時は頭が熱を持ちます。
おそらく頭の毒素を溶解するために熱をもつのでしょう。
こめかみを揉むことで痛みが軽減することとも符合します。
頭や首の後ろを冷やすと痛みが軽減しますが、発熱して毒素を溶解させようとする事に逆行してしまします。
このあたりは、冷やしてよいのか悩みます。

まとめ

約半年に渡り、痛みで気絶しそうになるほどの辛い日々が続きました。

断食などを始めたことで、私の30年以上に渡る人生の中での不摂生により溜まっていた毒がやっと出てきたようです。

人間の体はすごいもので、長年貯め続けた毒を出そうとがんばってくれました。

その代償は死ぬほど辛い痛みでしたが、一つ皮がむけて新しい自分になったような気がします。

すさまじい排毒がいかにエネルギーを使うかよくわかった半年間でした。

七転八倒の痛みの後は疲労感がすさまじく、フルマラソンを走っても平気な私がヘトヘトで立ち上がることすらできなくなりました。


虫歯はデトックスの中でも断食や発熱とならんで、かなり究極に近いと思います。

虫歯の痛みは非常に辛いですが、乗り越えた経験が1度でもあれば、自然治癒するものだと理解できるでしょう。

最初は歯医者にいかなくて大丈夫かとても不安になりますが、ぜひ安心して放置してください。

必ず発熱という工程を経て自然治癒しますので。

(虫歯自然治癒後の後日談は「便秘が毒だしってどういうこと?」

断食体験記
スポンサーリンク
gatekeeperをフォローする
スポンサーリンク
NEWGATE

コメント

タイトルとURLをコピーしました