自己免疫疾患と膠原病の原因と治療法

自己免疫疾患 病気とは何か
スポンサーリンク

はじめに

自己免疫疾患とは、自分の免疫細胞(リンパ球など)が自身を攻撃してしまう病気です。
それによって体のさまざまな箇所が障害を受け、その箇所や出所によって病名が付けられています。
代表的なのは関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどで、西洋医学ではこのような自己免疫疾患の原因は不明となっています。

本来、ウイルスや細菌などの外敵から自分を守るための免疫が自分を攻撃してしまうなんておかしいですね。だから原因不明とされているのです。

自己免疫疾患のメカニズム

人間の体の免疫系は、体内に「異物」が入ってくると敵とみなし攻撃を開始します。
異物には以下のように2種類あります

<2種類の異物>
・細菌やウイルスのような生きた異物
・化学物質のような生物でない異物

細菌やウイルスは免疫細胞が攻撃して死んでしまえば免疫はそれ以上攻撃しませんが、生物でない異物はいくら攻撃を受けても死にません。もともと生き物でないのですから。ですから排出されずに体内に留まると免疫細胞が攻撃し続けます。

例えば花粉などの異物は鼻水や涙で体外に排出しようとし、「花粉症」と呼ばれるような症状が出ますね。実際は花粉に付着した化学物質が原因ですが・・・

臓器移植を行うと「移植された他人の臓器」が異物とみなされないように免疫抑制剤を使用しますね。これも免疫が異物とみなすと攻撃をしてしまうので免疫力を抑えているのです。

化学物質は石油から作られているために脂肪に蓄積しやすく、なかなか体の外に出ていきません。

そのような化学物質を異物とみなして攻撃を開始すると、自己免疫疾患と呼ばれる病気になります。
その攻撃する部位が関節であれば関節リウマチ、甲状腺であれば橋本病などの病名が付きます。

<自己免疫疾患と免疫が攻撃する部位>
・関節リウマチ → 関節
・潰瘍性大腸炎 → 大腸
・クローン病 → 小腸や大腸
・乾癬 → 皮膚
・全身性エリテマトーデス → 全身
・ベーチェット病 → 全身
・橋本病 → 甲状腺
・自己免疫性溶血性貧血 → 赤血球
・1型糖尿病 → 膵臓
・皮膚筋炎 → 皮膚
・血管炎 → 血管
・シェーングレン症候群 → 涙腺や唾液腺
・多発性筋炎 → 筋肉
・アジソン病 → 副腎皮質
・全身性強皮症 → 皮膚と内臓

このように化学物質は全身のさまざまな箇所に蓄積し、それを免疫細胞が攻撃することで様々な病気を導きます。
共通するのは、免疫が攻撃した部位に「炎症」が生じるということです。

自己免疫疾患とアレルギー

自己免疫疾患の原因は「生物でない異物」でした。
そのような異物を体外に排出しようとして、まずはアレルギー反応が起こります。
鼻水や涙として出そうとすると「花粉症」や「鼻炎」、皮膚から出そうとすると「アトピー性皮膚炎」、咳なら「喘息」などアレルギーと呼ばれる症状が出ます。
それでも排出されないと自己免疫疾患と呼ばれる病気に進行します。
鼻水や涙で出しきれないと「シェーングレン症候群」、皮膚からアトピーで出しきれないと「乾癬」と呼ばれる自己免疫疾患になります。

つまり、自己免疫疾患になる前に多くの場合、異物を体外に排出しようとするアレルギー反応があります。

そのアレルギー反応をステロイドなどの免疫抑制剤によって抑え込んでしまうと、自己免疫疾患に進行してしまいます。
逆に、アレルギー反応によってしっかりデトックスできれば自己免疫疾患にはならないのです。

膠原病(こうげんびょう)について

「膠原病」は自己免疫疾患の一種で、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなど、症状が全身に及ぶ自己免疫疾患の総称です。

膠原病とは

心臓や腎臓など特定の臓器に症状があるのではなく、細胞と細胞をつなぐ膠原繊維に病変があるのが膠原病です。
膠原とはコラーゲンと呼ばれるたんぱく質のことです。
人間の細胞と細胞は結合組織でつながっており、コラーゲンはその結合組織の中に含まれます。
そのコラーゲンを自分の免疫が攻撃して炎症が起こるのが膠原病なのです。
膠原繊維は全身の細胞の結合組織ですので全身に分布し、そのため膠原病は全身症状になります。

コラーゲンのサプリメント等を摂ると美容に良いと言われるのは、細胞と細胞の結合組織にあって肌のハリと弾力を担っているからですね。

自己免疫疾患の治療

自己免疫疾患の原因は体内に入った化学物質であり、その化学物質を異物とみなした免疫系が攻撃することで自己免疫疾患の症状がでるのです。
そう考えると症状を抑えるためには2つの方法があることがわかります。

免疫力を下げる

一般的に西洋医学では自己免疫疾患は原因不明とされていて化学物質が原因であるとは認めていません。
例えば関節リウマチであれば、関節に蓄積した化学物質を免疫が攻撃して起こるのではなく、免疫の暴走で自身の関節を攻撃することが原因であると考えます。

免疫の暴走を認めてしまえば自分自身が壊れてしまうと思うのですが・・・

そのため西洋医学では、症状を抑えるために免疫力を低下させようとします。
免疫細胞が弱れば自身を攻撃する力が弱まるということです。
一般的には、自己免疫疾患の治療ではステロイドなどの免疫抑制剤を投与して免疫細胞を弱らせます。
少し考えればわかりますが、これによって炎症などの症状は緩和されても根本的な解決になりませんね。
免疫力が低下することで感染症などの疾患にかかりやすくなるというデメリットが非常に大きいです。

原因となる化学物質を取り除く

これが本来の自己免疫疾患の治療です。
原因となっている化学物質をデトックスする以外に治療法はありません。
断食や温活などでデトックスを促進し、化学物質を体外に排出することを心掛けなければなりません。
膠原病が完治した患者の体験談からは、農薬や食品添加物の入った食べ物を止めたとか、断食を始めたとか、毎日数時間の半身浴を続けたとか、根本的に生活習慣を改めて化学物質を取り込まないようにした上で、半身浴などでデトックスに取り組むことが重要であることがわかります。

断食のメカニズム、若返りとデトックスという驚くべき効果
断食をすれば体にどんな変化が起こるのでしょう。 デトックスにより病気知らず、さらにアンチエイジングにより若返る?!
頭寒足熱が温活のキモ
頭寒足熱は健康の基本です。 頭を冷やして「冷静」になり、足を温め満たされることで「満足」するのです。 「頭寒」と「足熱」の両方に取り組んでみてください。

私の関節リウマチ体験談

20代の不摂生をしていたころに関節リウマチを患いました。
関節に溜まった化学物質を自身の免疫系が攻撃して関節が痛くなるのです。
両ひざがこわばり、歩いていると痛くなってくる症状が続きました。
一次的なものだったので気にもせず放置していると徐々にひどくなってきました。
しかし食事改善をし、断食を併用することで症状は改善していきました。
症状は軽度だったため、断食を始めると驚くほど簡単に治ってしまいました。
今では全く症状はないのですが、ときどき断食中に両ひざの関節が痛くなる症状が出ることはあります。
断食に取り組んでいる方には、断食中に関節の痛みを感じた方は多いかもしれません。
これは断食によってデトックスが促進されて化学物質を排出するために一時的に血液が汚れ、好転反応が現れたためです。
断食に入る前の不摂生が大きいとこのような症状も大きくなります。
とくに自己免疫疾患の中でも関節リウマチの患者が突出して多いことから、関節に溜まりやすい化学物質が多いのではないかと思います。

さいごに

自己免疫疾患は近年になってでてきた病気ですので、近年になって氾濫し始めた化学物質が原因であることは想像がつきますね。
膠原病をはじめとする自己免疫疾患はある意味、生活習慣病です。
化学物質を取り込まない生活習慣に改める事が重要です。

化学物質が病気をつくる
自然界に存在しない全ての化学物質は体に悪いです。 不自然なモノが体を病気にします。 化学物質を避けることで病気にならない生き方を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました