病気にならない方法3本柱

病気の原因病気とは何か
スポンサーリンク

はじめに

病気の原因は4種類あると書きました。
「すべての病気の原因は4つだけ」

<病気の原因4種類>
①細菌・ウイルス
②化学物質・重金属
③過剰栄養
④電磁波・放射線

原因が明らかになったところで病気にならないためにどうするかを考えます。

当然、病気にならないためには、これらの毒を、

1.取り入れない
2.デトックスする
3.体内で中和する


の3点が重要となります。

病気の原因と病気にならない方法


1.「毒」を取り入れないために意識すべきこと

現代は様々な「毒」で溢れており、すべてを避ける事は困難です。
特に注意すべきモノを書いてみます。

・遺伝子組み換え食品
(大豆、トウモロコシ、菜種、ジャガイモ、アルファルファ、甜菜、パパイヤ)

・ホルモン剤や抗生剤を投与された家畜の肉や乳

・食品添加物、農薬、化学肥料、除草剤の含まれる食品

・化学調味料(偽物の味噌や醤油)

・人工甘味料
(スクラロース、アスパルテーム、アセスルファムK)

・トランス脂肪酸
(マーガリン、菓子パン等)

・水道水
(塩素、トリハロメタン)

・酸化した油

・(白)砂糖、小麦粉、白米などの精製食品

・重金属等が溶け出す調理器具や食器(アルミニウム、鉛、カドミウム)

・乳製品

・加熱調理した食品

・化学繊維の衣類

・洗濯洗剤(合成界面活性剤)

・シャンプー、リンス、ボディーソープ

・歯磨き粉
(フッ素、ラウリル酸ナトリウム、パラベン)

・除菌、殺菌、抗菌、消毒液
(塩化ベンザルコニウム等)

・西洋医学
(薬、放射線被爆、輸血、過剰診断)

・ワクチン
(有機水銀、アルミニウム、合成界面活性剤、ホルムアルデヒド)

・電磁波
(携帯電話、家電製品、電子レンジ・・・)

外食をしない事、加工食品を食べない事が基本になるかと思います。

2.「毒」をデトックスするには

今の時代を生きる限り、「毒」を100%体内に入れないのは不可能です。

そこで重要なのが、体内に入った「毒」を体外に排出すること(デトックス)です。

また、体の古い細胞などの老廃物を排出するためにもデトックスは重要です。

普段は便や尿から体に不要なものは排出されていきますが、意図的にデトックス効果を促進するためには以下の2種類の方法があります。

少食系

食べる量が少なくなれば、消化にエネルギーを使う必要がないので排泄が促されます。
究極は断食です。
断食のデトックス効果は以下の記事を参照してください。

断食のメカニズム、若返りとデトックスという驚くべき効果
断食をすれば体にどんな変化が起こるのでしょう。 デトックスにより病気知らず、さらにアンチエイジングにより若返る?!

高体温系

運動や入浴で体温が高まり血流が良くなるとデトックスが促進されます。
 発熱すればさらに顕著になり、食欲も減退して一石二鳥です。
 頭寒足熱を意識することも大切です。

これらは、以下の記事に詳しく書いています。

究極のデトックス、断食と発熱
断食と発熱をうまく利用すれば、病気になることはまずありません。 正しい知識を身に着けて最高のデトックス習慣を。

3.「毒」を体内で中和する

これはある意味、対症療法的ですが、体内に入った毒をデトックスしながら同時並行で行うことが望ましいです。
これは、特に化学物質等によって生み出された活性酸素による体細胞の酸化を還元する事になります。

・抗酸化食
 特に旬の食べ物には抗酸化物質が多く含まれています。

9大栄養素と日本人に不足しがちな栄養
3大栄養素から5大栄養素、そして今や9大栄養素となっています。 最初からある栄養素よりも最近追加された栄養素の方が重要だったりします。 そしてまだ9番目にも入っていない10番目の栄養素も。

・アーシング
 裸足で大地とつながることで電子を供給し、体を還元します。

アーシングで地球とつながって無限の恩恵を
アーシングは裸足で大地に立って地球とつながることです。習慣化すれば地球から無限の恩恵を受けられるようになります。細胞の酸化から体を守り、病気知らずの体へ。

・イヤシロチ
 土地に炭などを埋設することで電子を供給しやすい大地にして、その上で暮らす人に電子を供給します。

イヤシロチとは
「イヤシロチ」ってご存知でしょうか。そこにいるだけで癒される場所、居心地の良い場所で、昔から伝わるパワースポットのようなものです。そのメカニズムを解き明かしてみましょう。

・水素水
 活性水素によって活性酸素を還元し無害の水にします。

活性酸素は諸悪の根源なのか?
全ての病気の原因は活性酸素と言えるのでしょうか?実は活性酸素だけが病気の原因ではないのです。活性酸素除去に効果的な水素水についても紹介します。

さいごに

これらは病気にならない3本柱の全体像です。
重篤な病気の場合にはこれら3本柱の全てを総動員して病気に対処していく必要があります。
病気になる前に普段から3本柱をこころがけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました